本当にやりたい実験をしよう

実験機器や技術を、全国のデータベースから最短で見つけて、研究を加速。

機器・技術を利用したい方が
Co-LABO MAKERで できること

機器·設備を使う

  • 少ない資金で研究を進めたい
  • お試しで味見実験をしたい
  • 他分野の実験をしたい
  • 新しい技術を習得したい

研究代行を頼む

  • 安価で分析したい
  • 手間をかけずに調査したい
  • 特殊な技術を活用したい

コラボ相手を探す

  • 共同研究先を見つけたい
  • まずは気軽に接点を持ちたい
  • 視野を広げたい


Co-LABO MAKERで
じぶんの課題に合った機器・技術を最短で見つけよう!

ご利用の流れ

探す

全国のデータベースから、自分に合った探し方が選べます

  • 機器から探す
  • 技術から探す
  • 組織から探す
  • 探してもらう

依頼する

決められた段取りでスムーズに

  • 内容すりあわせ
  • 見積もり
  • 知財取り決め
  • 日程調整

実施

サポートを選べるので、初心者から熟練者まで

  • 機器・設備を使用
  • 補助付きで実験
  • すべてお任せ

評価

サービスがよければ評価してあげよう

  • 決済をする
  • レビューを書いてオススメする

あなたのアイデアを守ります

知財は事前取決め

事前の取決めと規約とであなたの知的財産を守ります。
※ 基本的には機器利用者権利

秘密情報の保持

セキュアな通信と契約で重要な情報を守ります。

相互レビュー

事前に評価を確認し、安心して使用できます。

ご利用例


すべての研究者の課題に、新しいソリューションを

研究室の場合

気軽にコラボ

科研費を獲得できないと、少ない機器と資金のため、やりたい研究はしにくい。他の分野・研究室と共同研究してみたいけど、コネもないし、どうすればいいのか・・・

⇒ コネがなく、コラボも苦手だったけど、Co-Labo-Makerのシェア利用をきっかけに共同研究スタート!やりたいけど手が出なかった高価な分析も気軽に実施できるようになった!

やりたい研究ができる

本来、研究はそれまでにない知見を生み出すものだが、必要な実験機器が極めて高価なため、各研究室のリソース内でできる研究になりがちだ。
Co-Labo-Makerなら、今研究室にないものでも、やりたい研究に必要な機器と技術を安価でシェアしてもらえ、やりたい研究ができる! 

気軽にアプローチ

学会や大学内での人脈があれば、必要な技術を持つ研究室にも気軽にアプローチできるが、そうでない場合は、ハードルが高い。
Co-Labo-Makerならシェアできるものをオープンにしている研究室にオンラインでアプローチするだけなので、気軽にコラボができる!

他分野とのコラボが容易

普段の学会などでは、他分野の方と会うことはそう多くなく、意識的に行わなくてはなかなかコラボできない。
Co-Labo-Makerなら他分野の研究室や企業等も含め、まとめて検索できるので、他分野とのコラボが比較的容易になり、幅も広がる!

少ない資金で成果が出せる

科研費を獲得できないと、十分な予算が得られず、機器を購入できないため、満足な実験ができない。
Co-Labo-Makerなら高価な機器を購入しなくても比較的安価で必要な実験ができる!

大企業の場合

安価でスポット分析

やりたい分析があるが、分析サービスは高いし、機器を買うほどでもない。どうしようか・・・。

⇒ Co-Labo-Makerで技術のある研究室に分析を発注!分析サービスより安いし、スポットで使えてすごく便利!技術のある研究室とのつながりもできた!

ベンチャー企業の場合

欲しい技術が見つかる

実現させたいことがある。でも、それを実現するための技術がない・・・。

⇒ Co-Labo-Makerでやりたいことから検索し、欲しい技術を所有している組織が見つかった!そのままその場で予約。

個人の場合

個人でも研究ができる

学生の頃のように研究がしたい。でも、設備もいるし、研究組織に所属しないと研究なんてできない・・・。

⇒ Co-Labo-Makerを活用すれば、わずかなお金でも研究ができる!こつこつ研究した成果をまとめて、博士号を取得!

活用事例(想定)

サンプル評価

新材料を作ることに特化した研究室A。評価の方は基礎的な顕微鏡やSEM程度の機器しかない。
本当は光学特性等も評価できれば違った視点の知見を得ることはできるが、そんな機器はないし、それらの評価ができる研究室とのコネクションもない。どうにかならないか。
そこで、Co-Labo-Makerを活用し、見たい物性で機器を検索。同じ大学の他学部に、photo luminescenceの機器をシェアしている研究室を発見し、機器の空いている時間帯を選んで、webからサポート付きでの機器使用を依頼。承諾されたため、実際にサンプルを持って予約時間にホスト研究室へ。ホスト研究室のサポートの元、評価を実施し、論文を執筆するに値する有益なデータを得られた。webを通じて決済を済ませ、完了。

サンプル作成

何かの材料を評価する技術に強みを持つ研究室B。
評価の技術自体は非常にすばらしいが、肝心のサンプルについては市販のものか、コラボ先の研究室のサンプルをもらう程度。もっと自分達でも設計できるようになれば研究の自由度も大幅に高まるが、知識も機器もなく、どうすればいいかわからない。
そこで、Co-Labo-Makerを活用し、サンプルを作成できる機器・研究室を検索。出てきた研究室にアポをとり、共同研究開始。サンプルの作成方法を教えてもらった。作成方法をマスターしてからは、機器スケジュールの予定が空いているところに予約し、定期的に使わせてもらうようになった。欲しいサンプルを得られるようになり、よりよい成果が出せるようになった。

不良発生原因特定

開発を進め、ようやくサンプル出荷等も始められるようになったある試作工場。
いい時はいいが、たまにしか良い物ができず歩留まりが悪い。しかし、何が良くて、何が悪いのか、見た目だけでは判別がつかない。原因特定の為に、不純物分析をしたいが、分析機器がない。
そこで、Co-Labo-Makerを通して分析機器を所有している所に依頼。サンプルを送って分析してもらったところ、不良ロットではある元素が有意に多く含まれている事が判明。それを元に原因となる工程が判明し、歩留まりが大きく向上した。

ベンチャーのビジョン実現

バイオ系の事業を立ち上げたいと考えているベンチャー企業。
しかし、ビジョンの実現にはバイオ系の高い技術力が必要で、自社ではその技術を保有していなかった。
何とか実現させるために、Co-Labo-Makerでキーワード検索し、必要な技術を保有している研究室にアプローチ。機器のシェアとコンサルティングを比較的安価で引き受けてもらった。直接研究室へ行って実験させてもらったり、遠隔で実験を依頼したりと、フレキシブルな形で共同研究を実施。結果、半年程度でビジョン実現の足がかりとなる成果をあげることができた。