機器訪問利用

超高圧ホログラフィー電子顕微鏡

埼玉県

超高圧ホログラフィー電子顕微鏡の画像1
keyboard_arrow_left keyboard_arrow_right

型番:H-1000FT

料金

¥10,000 /時間 

※別途、サービス料がかかります。
※サービスには、システム利用および損害賠償保険が含まれます。
※取引条件によって、料金が変わります。

概要 電子加速電圧:1MV
最高分解能:120pm
詳細・スペック 電子線ホログラフィ―機能
高分解能観察ステージ(分解能~120pm )、
磁場フリー観察ステージ
磁場印加(~500mT)
液体He冷却
可能な実験例 全固体Liイオン電池における電極と固体電解質の充放電その場電位分布観察:装置内で電池の充放電とホログラフィー観察を同時に行う計測手法を新たに開発し,電池性能を決めるLiイオンの振る舞いを,イオンの移動に伴う電位分布としてその場観察に成功。
ネオジム磁石結晶粒界の磁束分布観察:小型・高性能モーターに用いられるネオジム磁石に生じた、ナノメートルサイズの結晶粒界での磁束分布測定
そのほか、微粒子の帯電計測、多層薄膜の微小領域磁場計測、超伝導材料の磁束量子計測など、極低温・磁場印加環境下での高感度な電磁場計測をナノメートルレベルの分解能で計測できます。
用途例
備考 ●料金は平成29年7月28日現在のものです。時間当たりの利用料金は変更する場合があります。
●受け付ける課題は原則として全て有償とします。
● 提案課題の実施よって得られた成果は原則公開するものとします。非公開での利用を希望する場合は事前に協議の上決定します。
● 条件だし・結果解析などにかかる時間単価は、本表の値に1以下の係数を乗じて算出します。この係数は事前の協議の上決定するものとします。
● 課題実施に係る消耗品は試料載置用銅メッシュなどの汎用流通品を除き、原則ユーザー側の負担となります。
● 装置を使用しない技術相談や利用相談は原則無料とします。
● 上記使用料は事業実施期間中は随時見直しを行い、装置の改良・改造に伴って増額する場合も想定されます。
キーワード 電子顕微鏡 電場の計測 磁場の計測 高分解能観察 超高圧電子顕微鏡 磁場印加下での観察 極低温環境での計測 ホログラム
分野 材料化学

埼玉県の機器訪問利用

分野が材料化学のリソース

ご希望のラボ・機器がみつかりませんか?

公開されていないラボ・機器がありますので、ぜひお問い合わせください。
独自調査した全国2万件以上のラボ・機器情報から、お客様のご希望に合うものをお探し致します。

問い合わせる
ページトップ