機器訪問利用

電界放出型走査電子顕微鏡

宮城県

電界放出型走査電子顕微鏡の画像1
keyboard_arrow_left keyboard_arrow_right

型番:日本電子 JSM-7800F

料金

¥6,621 /時間 

※別途、コラボメーカーサービス料がかかります。
※サービス料には、システム利用料金および損害賠償保険が含まれます。
※取引条件によって、料金が変わります。

概要 この走査電子顕微鏡は、スーパーハイブリッドレンズの照射系により高い分解能観察と低加速観察、磁性材料も観察できる。電界放出型電子銃と開き角制御レンズを用いて小さい電子ビーム径で大電流の照射ができ、短時間でEDS,EBSD分析が可能である。
詳細・スペック 分解能は、加速電圧0.1kV~30kVで分解能3.0~0.8nm以下、スーパーハイブリッドレンズの採用により磁性材料の観察可能。EDS分析、EBSD分析(極点図・逆極点図)、大気非暴露試料保持対策、低真空観察ユニット付き
試料がグローブボックス-クロスセクションポリッシャ-SEM間を大気非曝露で移動可能にするベッセルを有す。
可能な実験例
用途例
備考 使用する消耗品(試薬等)は、別途実費分を負担していただきます。

<消耗品費等>
JSM-JEE-420TまたはCADE-E装置によるカーボン蒸着 (500円/1回)
キーワード FE-SEM 観察 顕微鏡 電子エネルギー
分野 材料工学

宮城県の機器訪問利用

分野が材料工学のリソース

ご希望のラボ・機器がみつかりませんか?

公開されていないラボ・機器がありますので、ぜひお問い合わせください。
独自調査した全国2万件以上のラボ・機器情報から、お客様のご希望に合うものをお探し致します。

問い合わせる
ページトップ