電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481
ログイン
一覧に戻る
機器訪問利用
岡山県

全自動核酸電気泳動 TapeStation *訪問利用は要相談

全自動核酸電気泳動 TapeStation *訪問利用は要相談の画像1

Ic equipment price 目安単価:

価格は相談により決定 

※別途、サービス料がかかります。
※サービス料には、システム利用料金および損害賠償保険が含まれます。
※取引条件によって、料金が変わります。

  • Ic equipment model number 型番:2200 TapeStation
  • Ic equipment spec 概要:DNAおよび RNA サンプルの品質管理のための全自動電気泳動ソリューションシステム
    DNA および RNA のサンプルの品質管理(QC)に適した全自動電気泳動システムであり、装置とデータ解析用ソフトウェア、専用の ScreenTape と試薬を使用することにより、サンプルのサイズ、濃度、分解度等を分析することが可能です。
  • #核酸 #ゲノム #DNA #RNA #品質管理 #リアルタイムPCR #次世代シークエンサー

    詳細・スペック

    利用可能時間
    平日9:00~17:00(左記時間外および土日祝は要相談)
    実験設備
    全自動核酸電気泳動 TapeStation
    詳細・スペック
    【オススメポイント】
    高い精度と正確な分析評価を得ることが可能なため、次世代シーケンシング(NGS)、マイクロアレイ、qRT-PCR やバイオバンクでのサンプル管理に適しており、幅広いスループットに対応可能です。

    このシステムでは、サンプルのゲルへのロードから電気泳動、データ解析まで自動化されているため、簡単な操作で実験可能です。
    必要なサンプル量は2μL以下であり、貴重な検体を節約することができます。
    本システムはサンプル数に関わらず試薬等が無駄なく使用できるため、ランニングコストを気にせず、サンプルの処理数に合わせたシステムの選択できます。

    ・サンプルのサイズ、濃度、分解度等を高精度に分析可能
    ・サンプルのゲルへのロードから電気泳動、データ解析まで完全自動化
    ・ゲル充填済みの ScreenTape を使用。ゲル調製は不要。
    ・簡単な操作でサンプル QC が可能です。RNA、DNAの分解度を数値で評価
    ・必要なサンプル量は 2 μL 以下で、貴重な検体を節約


    【利用可能サンプル数】
    制限はありませんが、47サンプル以上の場合はご相談ください。
    【広さ】
    実験室約70 ㎡ 実験台1台をお貸しします! 

    【利用可能人数】
    制限はありませんが、3人以上の場合はご相談ください。

    【利用時間帯】
    ・平日9:00~17:00(左記時間外および土日祝は要相談)

    【実験設備】
    卓上遠心機、ブロックインキュベーター、ボルテックスミキサー、ピペットマン利用可能。その他、各種設備が利用可能ですのでお問い合わせください。

    【その他設備】
    ・インターネット(無線LAN)完備
    ・同フロア内に給湯器 / 男女トイレ / 休憩スペースあり
    ・同施設内に飲食店、スーパー、スターバックス、コンビニエンスストアあり
    ・大型エレベーター使用可能、搬入・運搬作業も簡単
    可能な実験例
    ・リアルタイムPCR、マイクロアレイ、次世代シークエンサー用サンプルの品質チェック
    ・PCR産物の確認
    ・genome DNA、RNAの分解度の確認
    用途例
    ・PCR産物の確認
    ・genome DNA、RNAの分解度の確認
    備考
    使用に当たっては「当社の機器利用および受託解析について(手引き)」に従って利用してください。(下記に一部抜粋)

    ・利用時間は原則 月~金(祝日及び年末年始を除く)9:00~17:00までとする。
    ・機器の初回利用者については当社技術職員のレクチャーを必ず受けること。
    ・当社利用申込書に所定の事項を明確に記入して提出すること。
    ・各機器を利用する場合には、本手引き及び当社技術職員の指示に従う。
    ・利用者は実験室の清潔・整頓に留意する。また利用後は必ず備え付けの利用簿に必要事項(利用者、利用時間、利用した消耗品数等)を正確に記入する。
    ・実験で生じるゴミについては、所定のゴミ箱に廃棄する。
    ・利用者のサンプルや器具等の原則保管は行わない。解析機器内に保存されているデータ類は原則として半年間保管する。それ以降は随時削除を行う。
    ・病原性、その他危険のおそれのあるもの及び化学物質を使用する場合は、事前に関係者の了解を得るとともに実験中及び実験終了後の消毒・その他万全の措置を講ずるものとする。
    ・上記に違反した場合、他人に迷惑を及ぼした場合には一定期間の利用を停止する。

    全自動核酸電気泳動 TapeStation *訪問利用は要相談

    その他の機器訪問利用