電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481
ログイン
一覧に戻る
実験委託
東京都

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 ISO21702準拠(プラスチック、金属等)

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 ISO21702準拠(プラスチック、金属等)の画像1

Ic equipment price 目安単価:

価格は相談により決定 

※別途、サービス料がかかります。
※取引条件によって、料金が変わります。

#抗菌試験 #抗ウイルス試験 #インフルエンザウイルス #ネコカリシウイルス #ISO21702

詳細・スペック

おすすめポイント
【試験施設の特徴】
海外での研究員経験、また、国内大手製薬メーカーでの治療薬開発室長経験等も経て独立後、国内にて受託研究開発・品質管理・試験検査を25年行われています。
豊富な経験を元に、試験方法についての不明点などがございましたら事前にアドバイスをさせていただきます。
*試験先は推進の場合開示させていただきます。

【試験対象品】
プラスチック製品、セラミック製品、金属製品など

【試験】
●規格 ISO21702に準拠
*公定法であるISO21702のアレンジ試験にも対応しております。試験方法からのご相談に関しましても是非ご相談ください。

●概要
プラスチック製品向け抗菌試験「ISO 22196(JIS Z 2801)」をウイルス向けに改良した方法です。

●試験方法
①5cm角の試験片(抗ウイルス加工品と無加工品)に0.4mLのウイルス液を滴下し、4cm角のフィルムで被覆します。
②この試験片を25℃×24時間静置します。
③静置後、試験片上のウイルスを洗い出して回収した後、ウイルス感染価を測定します。
④本規格によって指定されている式により抗ウイルス活性値を算出します。

  R=Ut-At
  *R:抗ウイルス活性値(antiviral activity)
  *Ut:無加工品の24時間静置後のウイルス感染価(PFU/㎠)の常用対数の平均
  *At:抗ウイルス加工品の24時間静置後のウイルス感染価(PFU/㎠)の常用対数の平均

●データの見方
ISO21702では抗ウイルス性能基準として「抗ウイルス活性値2.0以上」が定められています。

●ウイルス
本規格では、インフルエンザウイルス(A型)、ネコカリシウイルスのいずれか1種以上とされています。
その他のウイルスを使用した試験を希望される際には、ぜひご相談ください。

【試験前のご準備】
・5cm✕5cmに切り出した検体
・5cm✕5cmに切り出した対照区(無加工品)
*抗ウイルス加工剤を含まない無加工品との比較試験が必要になります
*検体はそれぞれ6枚、対照区は12枚ほど必要になります。

【試験結果のご利用に関して】
HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。
用途例
【開発中、開発済、販売中製品の抗ウイルス効果検証に!】
・フィルム素材
・金属プレート
・プラスチック
・光触媒コーティングプレート
納期目安
最短45日
備考
・お見積もりまで1~2営業日目安
・データ納品まで1.5ヶ月ほど

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 ISO21702準拠(プラスチック、金属等)

その他の実験委託