電話お問い合わせ:平日10時~18時

050-3186-4481

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時~18時

050-3186-4481
ログイン
一覧に戻る
実験委託
東京都

【急性皮膚刺激性/腐食性試験】皮膚への刺激性を確認

【急性皮膚刺激性/腐食性試験】皮膚への刺激性を確認の画像1

目安単価:

価格は相談により決定 

※別途、サービス料がかかります。
※取引条件によって、料金が変わります。

概要:皮膚に物質が触れたときに、刺激性があるかを確認する試験

#眼刺激性試験

詳細・スペック

おすすめポイント
【用途例】
☆雑貨区分の化粧品
☆クリームなどの肌に塗布する製品の開発
☆塗料のような工業製品

【概要】
皮膚に物質が触れたときに、刺激性があるか確認する試験

【試験施設の特徴】
GLP適合施設での試験も可能なので、医薬品も安心して試験できます。
製品特性に合わせて試験内容をご提案致します。

*試験先は推進の場合開示させていただきます。

【試験対象品】
ペット用製品、医薬品、医薬部外品、工業製品、化学物質...etc

【試験】
●OECD TG404ガイドライン参照(急性皮膚刺激性/腐食性試験)
【使用動物】ウサギ
【動物数】 2 or 3
【試験流れ】
(馴化)5日以上
(試験)
試験24時間前に除毛後、被験物質を塗布し、ガーゼパッチをかぶせて、テープで固定し、4時間後に除去する
化粧品の場合や、製品の特性上、長時間肌に触れるものは24時間塗布する
(観察)
反応をパッチ除去後60分、24、48、72 時間で採点する
14日観察し、可逆性が見られたら、その時点で終了する
観察ポイント:皮膚反応、異常所見
(剖検)必要に応じて行う
(結果・考察)
紅斑お、痂皮形成、浮腫形成の段階を確認する。

【試験前に検討・決定が必要な基本事項例】
・動物種(モルモット、マウス..etc)+用量数(使用動物数を決定)
・被験物質の投与量
・体重測定等の頻度


【試験結果のご利用に関して】
HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。
納期目安
最短60日
備考
・ まずは希望試験内容についてご相談ください。試験計画案について作成し、ご提案いたします。
・ 動物試験施設の空き状況は流動的です。希望内容・タイミングによっては試験をお待ちいただく場合もございます。
・ 動物福祉に反する試験をご希望の場合には、内容の調整やお断りをする場合もございます。あらかじめご了承ください。

【急性皮膚刺激性/腐食性試験】皮膚への刺激性を確認

その他の実験委託