電話お問い合わせ:平日10時~18時

050-3186-4481

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時~18時

050-3186-4481
ログイン
一覧に戻る
実験委託
東京都

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 JIS L 1922 準拠(繊維製品)

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 JIS L 1922 準拠(繊維製品)の画像1

目安単価:

価格は相談により決定 

※別途、サービス料がかかります。
※取引条件によって、料金が変わります。

概要:繊維製品の抗ウイルス効果を評価

詳細・スペック

おすすめポイント
●試験概要
① 検体(抗ウイルス加工品および標準布)にウイルス液を接種します。
② 25℃で2 時間静置
③ 培地を用いて、試料に付着したウイルスについて洗い出しを行う
④ 洗い出した液を段階希釈し、プラーク法によりウイルス感染価を測定
⑤ 次式により抗ウイルス活性値を算出し、抗ウイルス性能を評価

●抗ウイルス性能算出式
  Mv = lg(Va)-lg(Vc)
  Mv: 抗ウイルス活性値
  lg(Va): 接種直後の標準布のウイルス感染価(PFU/ 試験片)の常用対数
  lg(Vc): 2 時間静置後の抗ウイルス加工品のウイルス感染価(PFU/ 試験片)の常用対数

●プラーク法とは
ウイルスに感染した細胞が変性する特性を利用したウイルスの測定方法です。

培養細胞に検体から洗い出したウイルス液を接種したあと、全体を寒天のようなゲルで被い培養します。
ウイルスの感染により宿主細胞が損傷を受けている場合はゲルの色素を維持せず、感染した部分が白い斑点として現れます。
その斑をプラークと呼びます。プラークを数えることで、抗ウイルス性を評価します。

●ウイルス種
インフルエンザウイルスA型、ネコカリシウイルスのどちらか(もしくは一方)

【試験結果のご利用に関して】
HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。
用途例
●検体例
布帛(ふはく)などの織物生地、つめもの、糸、衣服素材、寝具、家具用繊維や雑貨等、全ての繊維製品
納期目安
最短45日

【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 JIS L 1922 準拠(繊維製品)

その他の実験委託