電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-3186-4481
ログイン
一覧に戻る
機器訪問利用

Ic pin 神奈川県

薄層クロマトグラフ質量分析計 (TLC-MS)

薄層クロマトグラフ質量分析計 (TLC-MS)の画像1

Ic equipment price 目安単価:

価格は相談により決定 

※別途、サービス料がかかります。
※サービス料には、システム利用料金および損害賠償保険が含まれます。
※取引条件によって、料金が変わります。

  • Ic equipment model number 型番:日本電子(JEOL) JMS-Q1000TD
  • Ic equipment spec 概要:有機化合物の定性分析・簡易分析
  • #定性分析 #有機物化合物

    詳細・スペック

    おすすめポイント
    本装置は、薄層クロマトグラフ質量分析計(TLC-MS)と呼ばれる装置です。あらかじめ薄層クロマトグラフィ(TLC)によって成分を分離したTLCプレートを用意し、それを装置のホルダに取り付けることで、直接に成分分析ができる質量分析計となっています。TLCプレート用のホルダが付いていますが、それ以外でもガラス棒などに直接塗布して測定することもできます。

    質量分析のイオン化には、いわゆる「アンビエントイオン化」を使った装置であり、DRAT (Direct Analysis in Real Time) という名前のイオン源装置を備えています。DARTは、ヘリウムガスをプラズマ放電により励起し、試料に吹き付けることでイオン化させる手法です。大気圧中において、試料とガスの接触によりイオン化しますので、真空チャンバーに入れたり、前処理をしたりする必要がありません。そのため、リアルタイムにスペクトルが取れ、簡単に測定することができます。

    また、本装置は質量分離装置が四重極質量分析計(Q-MS)となっており、比較的高感度に測定できます。ただし、Q-MSは、スペクトル分解能が低いため、小数点以下の精密質量測定はできません。
    利用可能時間
    平日9:30~16:30
    実験設備
    Thin-layer Chromatograph Mass Spectrometer【Q1000TD】

    本体
    ・四重極質量分析計 [Q1000TD]
    ・DARTイオン源
    ・TLCスライダー(TLCを挟んで動かすことができます)
    可能な実験例
    有機化合物の定性分析・簡易分析
    用途例
    薄層クロマトグラフで分離した成分をそのまま直接分析できます。
    ガラス管などに試料を付けて、大気圧下で測定することができます。
    備考
    詳細はお問合せください

    薄層クロマトグラフ質量分析計 (TLC-MS)

    ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

    Pic lp eyecatch inquiry
    ニーズを登録

    本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

    お問い合わせ

    ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

    Pic lp eyecatch inquiry
    ニーズを登録

    本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

    お問い合わせ

    その他の機器訪問利用