Site logo with text

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-1808-9513

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-1808-9513 ログイン
地域

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry
ニーズを登録

本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

お問い合わせ

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry
ニーズを登録

本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

お問い合わせ

検索結果:すべてのカテゴリ「ウイルス」(49件)

    • 実験委託

    遺伝子治療および再生医療・細胞治療用の非臨床・臨床グレードのプラスミドDNA、核酸、ウイルス受託製造

    Thumb 2584e066 2700 42e5 9a01 8b2601487e30

    遺伝子治療・細胞治療・再生医療用の新薬医療開発パイプライン全体に沿って、初期開発用のリサーチグレードのベクター、前臨床段階用のGMP-likeベクター、および臨床用の完全なGMPグレードのベクターを設計製造します。高品質と完全な規制遵守を維持しながら、迅速な納期と手ごろな価格を実現するよう努め...

    ・初期開発用~臨床用の各グレードのベクターを設計製造できる
    ・高品質と完全な規制遵守
    ・迅速な納期と手ごろな価格

    用途例

    遺伝子治療用アデノ随伴ウイルス、細胞治療用レンチウイルス、ウイルスの原料となるプラスミドDNA

    • 実験委託

    バイオ医薬品開発/核酸増幅法(NAT)ウイルス否定試験委託

    Thumb 701ed13d 2631 45f7 a721 933226e8716d

    供試試料中に存在するウイルス(HBV, HCV, HIV-1, HTLV-1, B19V, CMV, EBV, WNV)について、核酸増幅法(NAT)にて確認致します。

    ・本試験の実施の前に、バリデーションにて検出感度、特異性について評価致します。
    ・測定標準手順書を作成致します。
    ・信頼性の基準で試験を実施します。

    用途例

    細胞製剤・培養上清・バイオ医薬品・原料等の品質試験、規格試験、受入試験

    • 実験委託

    【鳥インフルエンザ H5N1 も対応】家畜伝染病等のウイルス不活化試験

    Thumb 7b447f98 6d5b 4ed6 8edf 564157563bd7

    高病原性含む鳥インフルエンザを用いたウイルス不活化試験も可能です!

    【試験施設の特徴】

    ■ 鳥インフルエンザ(H5N1 高病原性含む)
    国内 医学系大学での試験が可能です

    ■ その他 家畜伝染病関連等のウイルス種
    国内 大手受託試験機関での試験が可能です

    【鶏】
    ・ニューカッスル病ウイルス
    ・伝染性気管支炎ウイルス
    ・伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス
    ・トリニューモウイルス
    【豚】
    ・PED(豚伝染性下痢症)
    ・TGE(豚伝染性胃腸炎)
    ・豚パルボウイルス
    ・オーエスキー病ウイルス
    【牛】
    ・パラインフルエンザウイルス
    ・牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルス(Ⅰ型)
    ・牛RSウイルス

    ■ 試験方法
    いずれも要相談

    • 実験委託

    【空気清浄機の性能評価】脱臭性能、ガス除去性能、浮遊ウイルス除去性能、集塵性能評価試験

    Thumb aaa07f51 e0c9 44f6 88dc 3d1ac812112f

    日本電機工業会が定めるJEM1467に準拠して空気清浄機の性能評価をいたします。

    【日本電機工業会 JEM1467】
    ①集塵性能試験
    タバコ煙粒子を大型チャンバー内で発生させ、空気清浄機運転後のチャンバー内粉じん濃度を測定し、集塵能力(P値)を算出します。

    ②脱臭性能試験
    1m³ボックスとタバコ煙を用いて行います。
    空気清浄機を設置した1m³ボックス内でタバコ煙を発生させ、検知管を用いて空気清浄機運転前後のアンモニア、アセトアルデヒド、酢酸の濃度を測定することにより評価します。

    ③HD-128 PM2.5除去性能
    「集塵性能試験」と同様な方法により試験を行います。

    ④ウイルス除去性能
    浮遊ウイルスに対しての評価を行う「空気清浄機の浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験方法」と付着ウイルスに対しての評価を行う「空気清浄機の室内付着ウイルスに対する抑制性能評価試験方法」の2種がございます。

    その他の物質(臭気物質、化学物質、粒子状物質、アレルゲン等)を使用して実施できる場合もございます。まずは是非ご相談ください。

    *最短90日の納期となりますが、試験機関の受付状況によりそれよりも長くなる可能性がございます。詳細は是非お問い合わせください。

    • 実験委託

    【23m^3 ウイルス噴霧 - 抗ウイルス剤噴霧試験】JEM 1467 附属書D 準拠試験可能

    Thumb 2f83ea23 49a8 4595 96ae dbb6bcc537ed

    【提供試験のポイント】
    ★ 抗ウイルス剤の噴霧試験が可能(23m^3の試験室:約6畳)
    ★ 浮遊ウイルスに対する不活化効果など確認・評価試験可能
    ★ 日本電機工業会 JEM 1467 附属書D に準拠した試験

    【試験可能なウイルス】
    ★ インフルエンザウイルスA型
    ★ ヒトコロナウイルス

    【試験品例】
    次亜塩素酸水等の薬剤噴霧機 

    その他、同様な空間を用いて浮遊ウイルスに対する空気清浄機の性能評価の試験もご対応可能です。

    • 実験委託

    【23m^3 付着ウイルス - 抗ウイルス剤噴霧試験】JEM 1467 附属書E 準拠試験可能

    Thumb d4d2b29f e988 4c18 8376 35f4b10715bf

    ウイルスを用いた試験(不活化効果 評価試験)

    【提供試験のポイント】
    ★ 抗ウイルスもしくは抗菌剤の噴霧試験が可能(23m^3の試験室:約6畳)
    ★ 付着ウイルスもしくは菌に対する不活化効果など確認・評価試験可能
    ★ 日本電機工業会 JEM 1467 附属書E に準拠した試験

    【試験可能なウイルス、菌】
    ★ インフルエンザウイルスA型
    ★ ヒトコロナウイルス
    ★ 大腸菌
    ★ 黄色ブドウ球菌

    【試験品例】
    次亜塩素酸水等の薬剤噴霧機 

    • 実験委託

    【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 JIS L 1922 準拠(繊維製品)

    Thumb 0405c294 69fd 4717 b36a 3eb6aa2a830b

    繊維製品の抗ウイルス効果を評価

    ●試験概要
    ① 検体(抗ウイルス加工品および標準布)にウイルス液を接種します。
    ② 25℃で2 時間静置
    ③ 培地を用いて、試料に付着したウイルスについて洗い出しを行う
    ④ 洗い出した液を段階希釈し、プラーク法によりウイルス感染価を測定
    ⑤ 次式により抗ウイルス活性値を算出し、抗ウイルス性能を評価

    ●抗ウイルス性能算出式
      Mv = lg(Va)-lg(Vc)
      Mv: 抗ウイルス活性値
      lg(Va): 接種直後の標準布のウイルス感染価(PFU/ 試験片)の常用対数
      lg(Vc): 2 時間静置後の抗ウイルス加工品のウイルス感染価(PFU/ 試験片)の常用対数

    ●プラーク法とは
    ウイルスに感染した細胞が変性する特性を利用したウイルスの測定方法です。

    培養細胞に検体から洗い出したウイルス液を接種したあと、全体を寒天のようなゲルで被い培養します。
    ウイルスの感染により宿主細胞が損傷を受けている場合はゲルの色素を維持せず、感染した部分が白い斑点として現れます。
    その斑をプラークと呼びます。プラークを数えることで、抗ウイルス性を評価します。

    ●ウイルス種
    インフルエンザウイルスA型、ネコカリシウイルスのどちらか(もしくは一方)

    【試験結果のご利用に関して】
    HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。

    用途例

    ●検体例
    布帛(ふはく)などの織物生地、つめもの、糸、衣服素材、寝具、家具用繊維や雑貨等、全ての繊維製品

    • 実験委託

    【業界最安級・短納期】抗ウイルス試験 ISO21702準拠(プラスチック、金属等)

    Thumb 8bfcfb17 03b4 42d3 ac84 9c9795222fec

    【試験施設の特徴】
    海外での研究員経験、また、国内大手製薬メーカーでの治療薬開発室長経験等も経て独立後、国内にて受託研究開発・品質管理・試験検査を25年行われています。
    豊富な経験を元に、試験方法についての不明点などがございましたら事前にアドバイスをさせていただきます。
    *試験先は推進の場合開示させていただきます。

    【試験対象品】
    プラスチック製品、セラミック製品、金属製品など

    【試験】
    ●規格 ISO21702に準拠
    *公定法であるISO21702のアレンジ試験にも対応しております。試験方法からのご相談に関しましても是非ご相談ください。

    ●概要
    プラスチック製品向け抗菌試験「ISO 22196(JIS Z 2801)」をウイルス向けに改良した方法です。

    ●試験方法
    ①5cm角の試験片(抗ウイルス加工品と無加工品)に0.4mLのウイルス液を滴下し、4cm角のフィルムで被覆します。
    ②この試験片を25℃×24時間静置します。
    ③静置後、試験片上のウイルスを洗い出して回収した後、ウイルス感染価を測定します。
    ④本規格によって指定されている式により抗ウイルス活性値を算出します。

      R=Ut-At
      *R:抗ウイルス活性値(antiviral activity)
      *Ut:無加工品の24時間静置後のウイルス感染価(PFU/㎠)の常用対数の平均
      *At:抗ウイルス加工品の24時間静置後のウイルス感染価(PFU/㎠)の常用対数の平均

    ●データの見方
    ISO21702では抗ウイルス性能基準として「抗ウイルス活性値2.0以上」が定められています。

    ●ウイルス
    本規格では、インフルエンザウイルス(A型)、ネコカリシウイルスのいずれか1種以上とされています。
    その他のウイルスを使用した試験を希望される際には、ぜひご相談ください。

    【試験前のご準備】
    ・5cm✕5cmに切り出した検体
    ・5cm✕5cmに切り出した対照区(無加工品)
    *抗ウイルス加工剤を含まない無加工品との比較試験が必要になります
    *検体はそれぞれ6枚、対照区は12枚ほど必要になります。

    【試験結果のご利用に関して】
    HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。

    用途例

    【開発中、開発済、販売中製品の抗ウイルス効果検証に!】
    ・フィルム素材
    ・金属プレート
    ・プラスチック
    ・光触媒コーティングプレート

    • 実験委託

    【ウイルス不活化試験】インフルエンザA型、ネコカリシ、ヒトコロナにも対応

    Thumb ee70224a db14 437b 8fe9 2280e7e9dbc7

    ウイルスを用いた試験(不活化効果 評価試験)

    用途例

    開発済or開発中製品のウイルス不活化効果 確認・評価

    ※ 試験対象
     薬剤等 → スプレー剤、液剤、置き型薬剤など
     素材等 → 薬剤加工材、新素材など

    • 実験委託

    【オミクロン株 BA.5系統も対応】新型コロナウイルス不活化試験

    Thumb 236cfd04 8e13 40d0 a169 49fd367e1e15

    ウイルスを用いた試験(不活化効果 評価試験)

    用途例

    【試験可能な検体例】
    ★ UV、LED
    ★ 光触媒(粉体原料)
    ★ 光触媒コーティングプレート
    ★ 光触媒コーティングライト
    ★ オゾン水発生装置
    ★ ナノバブル水
    ★ プラスチック
    ★ フィルム
    ★ 金属プレート
    ★ 多孔質素材
    ★ 洗剤
    ★ アルコール等除菌液
    ★ 繊維
    ★ 空気清浄機
    ★ 抗菌
    ★ 抗ウイルス薬剤
    ★ 機能性食品
    ★ 生理活性物質
    ★ マスク
    ★ 防護服
    ★ 二酸化塩素商品(空間除菌)
    ★ 次亜塩素酸商品(空間除菌)
    ★ 体外診断薬
    など