Site logo with text

定量プロテオミクス

定量プロテオミクスの画像1
  • Ic equipment spec 概要:現在の分子・細胞生物学では、特定の細胞機能に関わるタンパク質群、またはそれらの翻訳後修飾を検出・定量することはとくに重要な課題です。質量分析は、複数のタンパク質の動態を直接かつ区別して測定することが可能であり、抗体の結合特異性を利用した定量法とともに多くの研究で採用されています。
  • #プロテオミクス #プロテオーム解析 #LC-MS/MS #Parallel #Reaction #Monitoring #(PRM)

    詳細・スペック

    おすすめポイント
    ・LC-MS/MSを基盤とした分析サービスです。

    ・質量分析を用いた定量法は選択反応モニタリング (Selected reaction monitoring, SRM/MRM) が定番ですが、当分析サービスではイオンの分離性能がより高いParallel reaction monitoring (PRM) を採用しています。

    ・分析計画の段階から専門家がご相談に応じます。

    ・ご提供試料の前処理からデータ解析まで国内で完結させます(一気通貫)。

    ・臨床試料の分析も実績多数です。

    ・他社に依頼してうまくいかなかった試料についてもぜひご相談ください。むずかしい分析は大歓迎です。
    備考
    納期目安
    ・試料を準備される前にあらかじめご相談ください。質と量ともに満足いただける分析結果が得られる可能性が高くなります。

    ・分析の成否は試料の状態にも依存するので、多数試料の分析をご要望の場合でも最初は2,3試料を対象にした検討分析をお勧めします。

    ・他にも以下の分析が実施できます。
    エクソソームのプロテオミクス
    リン酸化プロテオミクス
    プルダウン試料の分析
    タンパク質の糖鎖結合部位(Nグリコシル化)の同定
    血漿/血清のプロテオミクス
    タンパク質バンドの同定
    プロテオーム深度6000
    最短30日
    会員限定コンテンツ
    無料登録で料金など全ての情報を閲覧可能
    用途例
    次のような研究に最適です。

    ・タンパク質アイソフォームを区別して検出: アイソフォームを区別する抗体が用意できない場合などに有効です。各アイソフォームでユニークなペプチド断片を測定対象にします。

    ・複数のタンパク質の同時定量: 100種類以上のタンパク質を定量の対象とすることができます。

    ・バイオマーカー候補の検証: 血漿中の候補タンパク質の定量測定系を構築します。

    ・翻訳後修飾の定量測定: 定量対象タンパク質の修飾アミノ酸残基が決まっている場合は、網羅的に分析するよりも正確かつ確実です。

    Ic equipment price 目安単価:

    ¥???? /時間

    会員登録して目安単価を確認

    • 取引条件によって、料金が変わります。
    • まずはお気軽にご相談ください
    • ラボや取引条件に関するご質問からご対応します
    • まずはCo-LABO MAKER担当者がご対応します

    ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

    Pic lp eyecatch inquiry

    ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

    Pic lp eyecatch inquiry

    その他の委託

    会員登録して目安単価を確認:

    ¥???? /時間