Site logo with text

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry

実験の委託・受託一覧(270件)

委託・受託サービスは、研究開発プロジェクトを効率的かつ専門的に進めたい企業や研究者に最適なソリューションです。専門的な研究や開発を必要とするプロジェクトを、経験豊富な第三者の研究機関や企業に委託することができます。これにより、自社内でのリソースや専門性の不足を補い、高品質な研究成果を短期間で得ることが可能になります。コラボメーカーでは独自コネクションから複数の委託先をご提案し、試験内容や料金、対応期間を比較して委託先を選定いただけます。

    • 実験委託

    配送業務:温度管理の厳格な製品を安全・確実に配送します。

    Thumb 929a652e 3218 4ed4 959e affa9394a62c

    定期便でもスポット対応での利用も対応致します。

    ・-150℃以下~15℃の品質管理に厳格な製品輸送に対応しています。
    ・-150℃以下の製品はドライジッパーによる輸送により航空輸送も問題ありません。
    ・自社車両(定温車両)による輸配送を行います。
    ・オントレイシスによるリアルタイム温度管理を実施します。

    用途例

    ・温度に厳格な製品や衝撃に弱い製品の移動に対してご利用ください。

    • 実験委託

    合成(創薬研究支援)

    Thumb b19bae00 2ba9 430c be8a 7d2b2542b860

    3H標識化合物や代謝物の合成を承ります。化学合成、生合成のいずれも承ります。合成経験豊富な研究員が、合成方法をご提案いたします。

    濃度測定に必要な内部標準などの合成

    用途例

    医薬品の創出、開発

    • 実験委託

    合成(開発研究支援)

    Thumb 1efa6711 b769 41e4 b870 b20d13eca36d

    放射性標識化合物、安定同位体標識化合物、代謝物の合成・精製を実施しております。お客様からご提供いただいた合成法を参考に、経験豊富な研究員がより短納期、より安価な合成ルートを提案いたします。

    放射性標識体などの合成

    用途例

    医薬品の開発

    • 実験委託

    放射性標識化合物の精製と保管

    Thumb aae78430 487c 44e8 83b6 130544667a06

    放射性標識化合物の精製を承ります。ご希望に応じて、精製後、信頼性基準下にて純度測定を実施し、保管あるいは速やかに動態試験を開始できます。

    放射性標識化合物の精製と保管

    用途例

    医薬品の開発

    • 実験委託

    AMSによる高感度分析

    Thumb ea098a9a 24d9 4a64 9f71 c6a4f41a0712

    ・試料中の炭素同位比(14C/12C)を測定する分析手法です。実験動物やヒトにおける薬物動態試はHPLCによる分画分取、微量 14C 濃度の測定、HPLCによる 14C 代謝物プロファイリングを実施します。

    ・ヒトADME試験のサンプル測定でAMSを使用
    ・NDA申請用のための試験

    用途例

    医薬品の開発

    • 実験委託

    製剤の安定性試験・製剤の溶出試験

    Thumb a6273761 46f6 46ce afb2 740c8ee8aa27

    安定性試験ガイドライン及び生物学的同等性試験ガイドラインに従い、以下の試験を実施いたします。 ・製剤の安定性試験 信頼性基準試験 その他関連試験(相対比較試験、学術試験、検体保管業務、配合変化試験) ・製剤の溶出試験(信頼性基準) 溶出試験(4液での溶出性確認を含む) 溶出挙動の類似性の判定 ...

    ・品質管理のGMP対応

    用途例

    医薬品の開発

    • 実験委託

    回転リングディスク電極による試料評価の受託分析

    Thumb 885e6f48 2a8b 46cc beda d70f9da87aa0

    リング電極がディスク電極の外周に配置されるため、ディスク電極で生じた反応中間体などの検出が可能となり、より詳細な反応機構を解析することができます。

    電気化学/触媒化学の専門家による分析メニューです。

    用途例

    電気化学反応機構の解析、電極触媒の評価

    • 実験委託

    解析パイプライン作成【現役神経科学者(M.D., Ph.D.)が作成/オンライン依頼】

    Thumb cb72576b fb18 46b5 aae2 442cec145244

    フォルダを選択するだけで、最新の処理を自動で行えるパイプラインをご提供。

    ①査読付き論文作成経験のある現役研究者(M.D./Ph.D.)が解析/納品。
    ②論文などで読んだ「最先端の解析」も、論文を読み込みながら実現いたします。
    ③医学部/企業での受託解析経験が豊富にあります。

    Webサイト: https://www.araya.org/rdx/

    【論文化された活用事例(MRI 解析)】(一部)
    Hagiwara A, Hori M, Yokoyama K, Nakazawa M, Ueda R, Horita M, Andica C, Abe O, Aoki S (2017) Analysis of white matter damage in patients with multiple sclerosis via a novel In vivo MR method for measuring myelin, axons, and G-Ratio. AJNR Am J Neuroradiol 38:1934–1940.
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28775058/

    Orihashi R, Mizoguchi Y, Imamura Y, Yamada S, Ueno T, Monji A (2020) Oxytocin and elderly MRI-based hippocampus and amygdala volume: a 7-year follow-up study. Brain Commun 2:fcaa081.
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32954331/

    用途例

    ・脳データを取得したものの解析が手間な時に
    ・自分が行っている解析を研究室の他の人にも共有したいときに
    ・脳データを取得したいものの、取得方法や解析方法がわからない時に
    ・学術的にきちんと解析できているか不安な時に
    ・神経科学者の力を借りたい時に

    • 実験委託

    研究用ソフトウェア開発【オンラインでご依頼可能!】

    Thumb 31755b02 9ddb 4c17 a83d 64da9d3b92d0

    取得データに合わせた解析コードやソフトウェアの開発をサポート。時間のかかる解析業務を外部化することで、研究の工数を大幅に短縮することができます。 Webサイト: https://www.araya.org/rdx/

    ①リサーチャー自らエンジニアとタッグを組んで研究を支援。通常のソフトウェアメーカーよりもスムーズなコミュニケーションや現役研究者が担当するからこそ、「かゆいところに手が届く」サポートが可能です。

    ②脳・神経科学、画像解析を中心とした豊富な解析経験、ソフトウェア開発実績あり

    開発実績:OptiNiSt https://optinist.readthedocs.io/en/latest/

    用途例

    ①取得したデータを研究室内で整理したい時に
    ②解析環境を研究室で統一・記録して残しておきたいしたい時に
    ③ご自身の解析を世界に発信したい時に(Webアプリとして公開する事が可能です。もちろん、研究室内のみでのご利用も可能です)

    【ソフトウェアを作成するからこそできること】
    ・GUI ワークフロー
    コードではなく、視認性が高いGUI、ローコードでの解析設計を開発する事で、研究室に入りたての学生さんも快適に解析ができます。
    ・Visualize
    ワンクリックで簡単に解析結果を可視化。ご要望に応じ多彩なプロットオプションを提供します。
    ・Record
    ワークフローを記録し、再現・共有をしやすくすることで、
    「あのとき解析した手法」をもう一度試すしたり、改善しやすくなります。
    ・Share
    Web解析のアプリケーションとし、論文に記載をする事で、ご自身の解析方法を世界に発信/デファクトスタンダードとする第一歩となります。

    • 実験委託

    認知科学試験設計

    Thumb 4d6754b5 1c1d 453f 938e be3d7bafccf4

    Create codes for controlling/presenting stimuli synchronizing concurrently collecting data

    ①査読付き論文作成経験のある現役研究者(M.D./Ph.D.)が解析/納品。
    ②論文などで読んだ「最先端の解析」も、論文を読み込みながら実現いたします。
    ③医学部/企業での受託解析経験が豊富にあります。
    実績(掲載許可済み)は下記からご覧ください
    https://www.araya.org/rdx/

    用途例

    ・認知神経試験を行いたいものの、方法がわからない時に
    ・自作したコードにズレがある時に
    ・研究室内で繰り返す実験があり、ソフトウェア化したい時に
    ・論文レベルの認知神経システムになっているか確認したい時に
    ・神経科学者の力を借りたい時に

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry