Site logo with text

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-1808-9513

お問い合わせ 資料ダウンロード

電話お問い合わせ:平日10時 ~18時

050-1808-9513 ログイン
地域

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry
ニーズを登録

本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

お問い合わせ

ご希望の設備/ラボが 見つからない場合は、 こちらからご要望を お聞かせください

Pic lp eyecatch inquiry
ニーズを登録

本サービスに関する疑問や 不明点に関しては、こちらから お問い合わせください

お問い合わせ

検索結果:すべてのカテゴリ「噴霧」(6件)

    • 実験委託

    【23m^3 ウイルス噴霧 - 抗ウイルス剤噴霧試験】JEM 1467 附属書D 準拠試験可能

    Thumb 2f83ea23 49a8 4595 96ae dbb6bcc537ed

    【提供試験のポイント】
    ★ 抗ウイルス剤の噴霧試験が可能(23m^3の試験室:約6畳)
    ★ 浮遊ウイルスに対する不活化効果など確認・評価試験可能
    ★ 日本電機工業会 JEM 1467 附属書D に準拠した試験

    【試験可能なウイルス】
    ★ インフルエンザウイルスA型
    ★ ヒトコロナウイルス

    【試験品例】
    次亜塩素酸水等の薬剤噴霧機 

    その他、同様な空間を用いて浮遊ウイルスに対する空気清浄機の性能評価の試験もご対応可能です。

    • 実験委託

    【23m^3 付着ウイルス - 抗ウイルス剤噴霧試験】JEM 1467 附属書E 準拠試験可能

    Thumb d4d2b29f e988 4c18 8376 35f4b10715bf

    ウイルスを用いた試験(不活化効果 評価試験)

    【提供試験のポイント】
    ★ 抗ウイルスもしくは抗菌剤の噴霧試験が可能(23m^3の試験室:約6畳)
    ★ 付着ウイルスもしくは菌に対する不活化効果など確認・評価試験可能
    ★ 日本電機工業会 JEM 1467 附属書E に準拠した試験

    【試験可能なウイルス、菌】
    ★ インフルエンザウイルスA型
    ★ ヒトコロナウイルス
    ★ 大腸菌
    ★ 黄色ブドウ球菌

    【試験品例】
    次亜塩素酸水等の薬剤噴霧機 

    • 実験委託

    【23m^3 ウイルス噴霧試験】JEM1467 準拠試験可能

    Thumb cb8be19b 016d 4554 88d5 bc68ec0e7b29

    ウイルスを用いた試験(不活化効果 評価試験)

    用途例

    開発済or開発中製品のウイルス不活化効果 確認・評価

    ※ 試験対象
     薬剤等 → スプレー剤、液剤、置き型薬剤など
     素材等 → 薬剤加工材、新素材など
     家電等 → UV照射機器、空気清浄機など

    • 実験委託

    【0.23m^3 ウイルス噴霧試験】JEM1467 準拠試験可能

    Thumb 065353be 436f 4d55 9475 799380423cd4

    ウイルスを用いた噴霧試験(不活化効果 評価試験)

    用途例

    開発済or開発中製品のウイルス不活化効果 確認・評価

    ※ 試験対象
     薬剤等 → スプレー剤、液剤、置き型薬剤など
     素材等 → 薬剤加工材、新素材など
     家電等 → UV照射機器、空気清浄機など

    • 実験委託

    【新型コロナウイルス 噴霧試験】安全キャビネット内で実施します(準備中)

    Thumb 9782118a aadb 40df ad7b 6f2384518983

    新型コロナウイルスを用いた噴霧試験(不活化効果 評価試験)

    用途例

    開発済or開発中製品のウイルス不活化効果 確認・評価

    ※ 試験対象
     薬剤等 → スプレー剤、液剤、置き型薬剤など
     素材等 → 薬剤加工材、新素材など
     家電等 → UV照射機器、空気清浄機など

    • 実験委託

    【急性吸入毒性試験】呼吸器から吸入した場合の安全性を確認

    Thumb 93e7dc3f 5cc0 4dae 9e89 409322636e3e

    被験物質が呼吸器から入ることを想定した試験です。被験物質を鼻部暴露した後、急性毒性症状の発現と用量との関係性を調べます。

    ☆コラボメーカーを通すメリット☆
    ・製品開発に伴う外注業務をまるっとサポート
    ・抗菌・抗ウイルス試験・安全性試験・有効性試験などもまとめて受託可能

    【安全性試験委託サービスのポイント】
    ☆お客様のお困りごとをヒアリング、目的に合わせて試験内容をご提案
    ☆具体的な試験内容の決定をサポート
    ☆コンシェルジュはすでに知見があるので、予算・納期に合わせて、複数の試験先から最適な試験先をご紹介
    ☆複数の試験先とのやり取りをコンシェルジュが行うので、お客様の業務負担軽減
    ☆エンドユーザー様への説明や試験結果の取り扱いについてもご相談可能

    詳細は製品開発担当者様向け【安全性試験 委託サービス】もご覧ください。

    【用途例】
    ☆噴霧して利用する製品の評価
    ☆スプレー製品
    ☆農薬
    など

    【概要】
    被験物質が呼吸器から入ることを想定した試験です。被験物質を鼻部暴露した後、急性毒性症状の発現と用量との関係性を調べます。

    【試験施設の特徴】
    GLP適合施設での試験も可能なので、医薬品も安心して試験できます。
    製品特性に合わせて試験内容をご提案致します。

    *試験先は推進の場合開示させていただきます。

    【試験対象品】
    噴霧して利用する製品、ペット用製品、医薬品、医薬部外品、工業製品、化学物質...etc

    【試験】
    被験物質が呼吸器から入ることを想定した試験です。被験物質を鼻部暴露した後、急性毒性症状の発現と用量との関係性を調べます。
    OECD403ガイドライン参照
    【使用動物】
    ラット
    【試験流れ】
    (訓化)5日以上
    (試験)
    *2 種類の試験法(従来法および C × t 法)があり、複数の暴露時間での評価が必要な規制ニーズまたは科学的ニーズがある場合は C × t 法を用います。
    被験物質を鼻部に4時間暴露します。その際に、暴露条件(チャンバー内の空気流量、相対湿度、実測濃度、被験物質の粒径分布)のモニタリング、記録を行います。
    最初の 1日は2回以上観察し、その後は 1 日 1 回計 14 日間観察します。
    観察ポイント:一般状態、皮膚、被毛、眼、粘膜、呼吸器系、循環器系、自律神経系、中枢神経系、体性運動および行動パターン、体重
    (剖検)観察終了時、肉眼的観察を実施します。
    (結果・考察)観察・剖検結果をまとめ、考察します。

    【試験前に検討・決定が必要な基本事項例】
    ・動物種(モルモット、マウス..etc)+用量数(使用動物数を決定)
    ・被験物質の投与量
    ・体重測定等の頻度

    【試験結果のご利用に関して】
    HP、LP、営業資料等、広くお使いいただけます。